>  > レクサス IS 30系 17インチ アルミホイール 一台分(4本) LEONIS FY (レオニス エフワイ) ハイパーシルバーミラーカットIII アルミ
トヨタ クラウンハイブリッド 200系(4pot除く) 18インチ アルミホイール 一台分(4本) LEONIS NAVIA 06 (レオニス ナヴィア ゼロシックス) マットブラックリムポリッシュ アルミ
ディクセル EXTRA Speed ブレーキパッド フロント メルセデス・ベンツ G463/W463
18インチエスティマ ハイブリッド10系WEDS レオニス VT パールブラック/サイドマシニング 7.0Jx18VEURO VE303 215/45R18
Food

FOOD研究会vol.4

レクサス IS 30系 17インチ アルミホイール 一台分(4本) LEONIS FY (レオニス エフワイ) ハイパーシルバーミラーカットIII アルミ

今回は、昼間はIT系ベンチャー企業で働き、夜は趣味のグルメ分析に命をかける、グルメインテリジェンス《30代前半サラリーマン/アツシ》がムーンライトシティで食べ歩いたレポートをお届けしよう。

レクサス IS プレシャス 30系 17インチ アルミホイール 一台分(4本) LEONIS FY (レオニス エフワイ) Z34 ハイパーシルバーミラーカットIII アルミ

池袋「サンシャインシティ」は、水族館や展望台などのレジャーやショッピングだけじゃなかった!じつは80を超える「食」もたっぷり楽しめる玉手箱なんです。私たちは、“夜”メニューを食べつくそうと立ち上がった!名付けて「FOOD研究会」!

Share

メガネガールがリザーブする郷土料理と芋焼酎界の神3に「うまかぁ」と呟きたい!

溶岩焼き 六白黒豚 (¥980)

この料理で特筆すべき点は「六白黒豚」「溶岩プレート」「特製タレ」だ。六白黒豚とは、ただの黒豚ではない。手足など体の六ヶ所が白いから六白黒豚と言い、アミノ酸など旨味成分が多く含まれ、豚特有の臭みがない。その最高の肉を桜島の溶岩を使用したプレートで焼くことで、外 はカリッと中はふわっと焼きあがる。個人的には肉はしっかり 焼く派なので、リザーブされた後も熱いこのプレートでさらに 追い焼きをするのが私流。そして特製ダレをジュワとかけるのだ…。

ほんのり柑橘系の香りが広がり、私の舌によれば、隠し味にポン酢も使用している!脂の旨味が口の中に残る中、入手困難、伝説の芋焼酎とも言われる「森伊蔵」でクロージングする。

持論ではあるが、美味しいものの先には必ず心美しい人間がいる。このお店も然り。メガネガールのはにかんだ笑顔に思う、「彼女は芋焼酎は飲めるのか…」いつか聞いてみたいところだ。

肉以外にも都内ではあまり見かけない「キビナゴの刺身」など旬の鹿児島名産もいただける ZETA ジータ ZE56-9261 ED プログレッシブスプリング リヤ 39-44N/mm YZ125X ダートフリーク。常時40種類以上の焼酎を取り揃えるなど、夜、酒好きを連れて行けば外さないだろう。

鹿児島郷土料理 さつま翁

●場所:アルパB1 ●時間:L.O:22:30

網焼きの焦げ目が美味い、味噌漬け豚とキンキンのフリージングハイボール

秘伝の味噌漬け豚ロースの網焼き(¥950)

先ほどの六白黒豚が南代表だとするならば、こちら、北は北海道代表のポジショニング。帯広で大切に育てられた十勝豚は、寒さの影響もあり身が締まっていて脂もあっさりしている スタッドレスタイヤ 255/55R18 109T XL ZP ランフラットタイヤ ミシュラン ラティチュード エックスアイス XI2 MICHELIN LATITUDE X-ICE XI2。そこを自家製の味噌ダレ、網焼きで焼き上げると香ばしい風味が絶品だ。さらにもう一品、その脂身を堪能できるのが「お刺身ベーコン」なるメニューだ。このしっとりさっぱりとした味わいと、マイナス2.2度のフリージングハイボールの組み合わせはまた絶品。 店の壁には一面丸太が敷き詰められていて、職人の心意気を感じながらのんびり飲むのもたまらん。

ムーンライトシティ時間で飲む際はハシゴ酒もオススメだ。今夜は豚肉と決めて、九州から北海道の豚肉を食べ尽くしてみてほしい。コンペティターである二軒、しかしその距離は5mであり、それぞれのポテンシャルが高いので争う必要がない。まさにお肉ざんまい横丁だー!

恥ずかしくて撮影はできなかったが、こちらにもいつも笑顔で迎えてくれる美人店員がいる。気軽に1人でも立ち寄れるが、割と落ち着いた雰囲気の店なので軽めの接待にも使えそうだ。

『北海道 十勝 ゆうたく』

●場所:アルパB1 ●時間:L.O:22:00

肉と笑顔のシナジー効果でパワーチャージ

厚切りリブロースステーキ(¥890)

熱々の鉄板に乗せられ、ジュージューと歌いながら運ばれてくる肉の塊。200gはちょっと大きい、それはフィジビリでもわかっていることだが、この満足感が忘れられずリピートしてしまうのだ。レモンの上に乗ったバターにドバッと特製のソースをかけて肉に絡めて食す。このメソッドが私の一押しだ。

しかしながら、肉の美味さを引き立てるのはソースだけではない。この店の「お母さん」の笑顔が最高の調味料だ。いつも元気一杯、満面の笑顔でオーダーを取りに来るお母さんに会うと、実家に帰って来たような安心感で、メガネの奥が熱くなる。最後にもう一度伝えたい。美味しいものの先には必ず心美しい人間がいると私は信じている!

仕事がうまくいった日の夜ご飯は1人ステーキに限る。1人ステーキに抵抗のある人もいるであろうが、しかし、この肉の満足度は他では味わえないだろう。

ステーキのくいしんぼ

●場所:アルパ3F ●時間:L.O:21:30
  • *価格は税込価格です。
  • *メニュー内容や価格は予告なく変更となることがあります 。
  • *写真はイメージとなります。

Reporter

アツシ
30代前半サラリーマン

今回は肉研究会としては2回目。サンシャインシティで肉料理を出している店舗数は凄まじく、もうすでに肉研究 第3弾のリサーチを始めている。今後は高級店から知る人ぞ知る肉料理までさらに奥深くレポートしていく。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-39237